ギャンブルをするなら宝くじを選ぶべき

宝くじを買ったことがありません。

いつも買ってみようかなと思うのですが、結局買わないままです。

でも、ちょっと興味はあるのです。

愚者の税金と呼ばれていますが、人が宝くじを買うのはなぜでしょうか。

「夢を買っている」と言われることもありますが、宝くじの1等当選確率は1000万分の1だそうです。この確率では、よほど想像力が豊かでないと、夢を見ることもできないように思えます。

やはり、宝くじを買うのは、それなりに経済合理的な行動だからではないでしょうか。

ちょっと考えてみました。

高額当選で人生が変わるから買う

7億当たれば人生が変わります。

一生働かなくても良い自由が手に入ります。

他のギャンブルで、そんなチャンスはありません。

宝くじの還元率は50%以下で、パチンコよりはるかに低いですが、還元率なんて関係ありません。

たとえパチンコの還元率が高くても、100より低い限り、やり続ければ損をします。

大数の法則というやつです。

むしろギャンブルでは一発勝ったときの金額が重要なのではないでしょうか。

残金0円で死ぬつもりはないから買う

宝くじの1等当選確率は1000万分の1で、限りなく0に等しい確率です。

でも、1枚たったの300円です。

自分の人生を残金0円で終えるつもりの人が、どのくらいいるでしょうか。

ふつうは、それなりの資産を残して死にたいと思うのではないでしょうか。

だとすると、宝くじを1枚買うくらいの余裕はあるはずなのです。

あの世にお金は持っていけません。

どうせ持っていけないなら、1000万分の1でも、億万長者の可能性を買うべきではないでしょうか。

将来困窮する可能性があるから買う

最近の日本経済は労働者に優しくありません。

将来、職を失い、収入が途絶える可能性は大いにあります。

しかし、だからこそ、宝くじを買うべきではないでしょうか。

将来困窮するかもしれないなら、お金のあるうちに、1枚300円くらい買っておくべきではないでしょうか。

こんなチャンスは他にないから買う

ホリエモンなんかは宝くじに批判的だったと思います。

たしかに、事業を起こして億単位の金を稼げる人にとっては、宝くじなんてバカバカしいかもしれません。宝くじを買うくらいなら、7億円稼げるビジネスを考えたほうが、よほど現実的かもしれません。

でも、どんなに才覚のある事業家でも、300円を7億円に増やすことはできません。

ビジネスでそれができる可能性は、1000万分の1どころか、完全に0%です。

300万を元手に数年で7億円稼げるビジネスなら存在するかもしれませんが、300円を7億円に増やせる可能性は宝くじ以外にはないのです。

 

こう考えると、宝くじを買う人の気持ちも分からなくはありません。

少なくとも、他のギャンブルに手を出すくらいなら宝くじを買った方が良いでしょう。

しかし、私は、宝くじを買い続けて破産した人を見たことがあります。

その人の預金通帳からは、毎月、宝くじの購入代金が引き落とされていました。

そういう人を見ると、宝くじを買おうという気も失せてしまうのです。