あくまで法律のはなし

なぜか福岡で働くことになった弁護士が、なぜか福岡で独立しなければならなくなったブログ

弁護士をつけたほうが良いですか?

 なにか他人とのトラブルを抱えた人から相談を受け、「弁護士をつけたほうが良いですか?」と聞かれた場合、100%の割合で、「つけたほうが良いです。」と答えることにしています。

 仮に、その人が、自分で相手と話し合い、問題を解決できそうなタイプの人であったとしても、「つけたほうが良いです。」と答えます。

 また、ある程度話合いが進んでいて、弁護士が出ていくと、逆にこじれそうな場合であっても「つけたほうが良いです。」と答えます(その場合、黒子に徹して、後ろからアドバイスすることもありますが)。

 この社会では、通常、裁判で一刀両断に物事が決まっていくわけではありません。まずは、個々人で話し合い、多くの場合、合意によって物事が決まっていくわけです。

 そして、話合いであれば、一見、弁護士なんかつけなくても良いように思えます。

 弁護士は法律の専門家ではありますが、必ずしも、相手を説得したり、交渉するスキルが高いとは限りません。

 したがって、人によっては、自分で相手と交渉したほうが、早く問題が解決するという場合もあると思います。

 弁護士がなんとなく頼りないと感じる人もいるでしょう。

 私は、私より交渉が上手な素人の方なんて、無数に存在すると思っています。

 

 では、なぜ、「弁護士をつけたほうが良いです。」という回答が100%になるのか。

 それは、弁護士に相談しているという時点で、それは法的なトラブルだからです。だとすれば、もっとも重要なのは、法的に紛争を解決することなのです。

 自分で話合いをしたり、交渉したりして解決したとしても、後日、紛争が再燃するかもしれません。あとから、「事情が変わった」とか、「前提条件に誤解があった」とか、「やっぱり納得できない」とか、「そこまでは合意していない」とか、「そもそもそんな約束をした覚えはない」とか、そういったトラブルが発生する可能性があるのです。

 弁護士は、後日、紛争が再燃しないような解決を目指しますので、その分、むしろ、一般人が普通に交渉するより時間がかかったり、細かい話が必要になることもあるかもしれません。しかし、最終的に、相手と合意に至った場合、その後、同じ話が蒸し返されないようにするには、弁護士に依頼したほうが絶対に良いと思うのです。

 弁護士でなくても、私より交渉が上手な人はいくらでもいると言いましたが、それは、単に相手を説得する能力という意味に限ります。法律的素養がない人は、紛争が再燃しないように解決する能力という意味では、基本的に、弁護士には劣ります。それは、多くの弁護士の共通認識だと思います。

 そして、そのためには、交渉の段階から、弁護士に依頼することをお勧めします。稀に、最終的な合意書のチェックだけを頼みたいという人もいますが、決めておくべき事項が漏れていたりすると、再交渉が必要になってしまうからです。