2回破産できますか?

結論から言えば、2回目の破産でも、免責は認められることが大半です。

私の経験上でも、何度か2度目の破産を見ていますが、すべて免責されています。

そもそも、過去に破産したことがあるというのは、法律が定める免責不許可事由ではありません。一度破産してから7年間は免責不許可事由に該当します(破産法252条1項10号イ)が、7年経過後は免責不許可事由に該当しないのです。

パチンコ等のギャンブル(免責不許可事由)で多重債務に陥った人でも、ほとんどの場合、免責が認められるというのが、実務の常識です。つまり、ギャンブルという免責不許可事由(252条1項4号)がある場合でさえ、ほとんど免責が認められているのですから、ましてや過去に破産したことがあるというだけで、免責不許可事由がない場合に、免責が認められない道理はないということです。

 

もっとも、2回破産する人というのは、家計管理に問題があることがほとんどです。したがって、実際には、ギャンブルや浪費等なんらかの免責不許可事由が存在することが多いでしょうね。その場合、たしかに裁判所の見方も厳しくなります。しかし、最終的には、免責不許可にしたところで、結局返済できないことが分かり切っているので、免責することがほとんどだと思います。

裁判官は、1回目の破産の時に、破産者に対して、「2度目の破産はそう簡単に認められないから、2度とこんなことにならないように気を付けてください。」と説教したりしますが、少なくとも、現時点の裁判所の運用では、実態に合致しませんね。2度目の破産もバシバシ免責されているのですから。

ただ、裁判官の言うことも、必ずしも、間違っているわけではありません。2回目の破産でも、ほとんど免責されているというのは、あくまで現時点の裁判所の扱いに過ぎません。破産の運用は、その時々で変わってきていますから、将来的に、裁判所の運用が厳しくなり、2度目の破産は認められないという時代が来る可能性はあります。