あくまで法律のはなし

なぜか福岡で働くことになった弁護士が、なぜか福岡で独立しなければならなくなったブログ

秘密録音は証拠になります

「このハゲー!」からどれくらい経ったでしょうか。あの音声は秘密録音されたものでしたが、訴訟では秘密録音したものでも原則として証拠になります。

秘密録音とは、相手との会話を秘密で録音することです。気を付けてほしいのは、他人同士の会話や通信内容を勝手に盗み聞いて録音する「盗聴」と異なり、あくまで自分が会話している相手との会話内容を録音する場合を言います。これには電話を録音する場合も含まれます。

「このハゲー!」も秘密録音ですし、上司のパワハラ・セクハラを録音したり、脅迫電話を録音する場合もあります。昨今、スマートフォンの録音機能を使って、秘密録音するケースが増えてきており、誰でも手軽に相手との会話を録音できる時代になっています。

秘密録音は、基本的には、証拠になると考えて大丈夫です。民事訴訟では、当事者が秘密録音した音声が証拠提出されることが日常茶飯事ですし、それが秘密録音したものであるという理由で、証拠として認められないことは滅多にありません。

ただし、実は、いかなる場合でも、絶対に証拠として認められると断言できるわけでもないのです。民事でも、違法に収集された証拠は、証拠能力が認められないという見解があり、裁判官次第では、秘密録音を違法とし、証拠として認めないという判断をする可能性も0%とは言えません。私も、実際に、秘密録音は違法だから証拠能力がないと主張する弁護士を見たことがあります(裁判所は認めませんでしたが)。

秘密録音がバンバン証拠提出されていることは、弁護士なら誰でも知っていますが、普通の人が、その実態を知るのは難しいかもしれません。たとえば、法律の専門書を読んでみると、違法収集証拠には原則として証拠能力を認めるべきではなく、証拠としての価値や違法の程度などを総合考慮して判断すべきと書かれてたりします。この記述を読んだだけでは、秘密録音が証拠として認められるかどうか、一般の方に判断するのは難しいでしょう。

法律のことで分からないことがあったら、さっさと弁護士に聞いたほうが早いという一例ですね。