わいせつ物頒布罪は廃止すべき

わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。(刑法175条1項)

 男性器や女性器が無修正で写っている写真集は取締りの対象になるが、モザイク処理がされているアダルトDVDは公然と売られている。この現実をおかしいと思っている人は多いはずです。なぜ、AVは取締りの対象にならないのでしょうか。

 わいせつ概念は判例によって定義されており、いたずらに性欲を興奮または刺激せしめ、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反することとされています。

 常識的に考えれば、AVは、いたずらに性欲を興奮または刺激せしめ、普通人の正常な性的羞恥心を害すると言えるでしょう。なにしろ、男性のマスターベーションのオカズなのですから。

 となると、AVが取締りの対象にならないのは、善良な性的道義観念に反しないから(⁉)と考えるしかありません。

 しかし、AVは、局部にモザイクがかけられているとはいえ、実際に性行為をする場面を動画で保存したものですから、静止画と比べて、見る者へのインパクトは圧倒的に大きいはずです。

 それでも局部の写っている静止画の方が性的道義観念に反するというののでしょうか?だとしたら、いったい日本人の性的道義観念はどうしてしまったのでしょうか?

 

 本来、法の趣旨に照らせば、警察はAVを取り締まるべきです。

 しかし、公然とAVが売られ、(男性の)生活に浸透した現代において、その販売を禁止するのは無理というものでしょう。

 したがって、筋を通すためには、わいせつ物頒布罪を廃止するしかありません。

 廃止しても、だれも困らないと思います。いままでも、実際に性行為をする動画が堂々と売られてきたのですから、局部が映るようになったからといって、それで日本人の性道徳が荒廃したりはしません。むしろ、ふだんAVを野放しにしている警察が、局部が写っているというだけで、ただの静止画の写真などを取り締まったりするのは、税金の無駄というべきでしょう。それで日本の何が守られるというのでしょうか。